<< 端午の節句 at Himawari We've got t... >>

"Dolphin Tail"

c0194085_10341671.jpg
誕生1000日の記念に、ママからロミオへこの「イルカのしっぽ」のペンダントを贈りました。
c0194085_10344625.jpg
c0194085_10393136.jpg
c0194085_10394963.jpg
c0194085_1040464.jpg
c0194085_10425172.jpg




以前、マーケットで一目惚れしたというネックレスの話をしましたが、その記事の最後で「もう一点」と言っていたものがこちらのペンダント。(詳しくはコチラ)この作品もYannis氏のデザインです。
c0194085_10445891.jpg
タヒチ産のBlack Mother of Pearl(真珠の母貝である黒蝶貝)を基に、ニュージーランド近海のみに生息する玉虫色に輝く美しい貝、Paua(パウア)と18金の螺鈿細工を施したものです。
写真では分かりづらいのですが、18金がトライアングル上に3点配置されていて、Mum - Romeo - Bebeの結びつきを意味すると都合良く解釈(笑)。
c0194085_1045486.jpg
c0194085_1045281.jpg
このように、貝殻やグリーンストーン(ジェイド -翡翠-)、動物の骨や角を用いた彫刻は、ニュージーランドの原住民マオリ族の伝統工芸のひとつで、それぞれのデザインに意味があり、単なるアクセサリーでなく神聖なお守り(魔除け)として身に着けられてきたそうです。
こちらの「イルカのしっぽ」は、強さ・スピード・成功・自信の象徴とされ、知恵や長寿、また航海(旅)の安全を願うという意味が込められているそうです。
c0194085_10461911.jpg
c0194085_1046388.jpg
c0194085_104714.jpg
c0194085_10472241.jpg
ちなみに、これは骨を彫刻した「フック(釣り針)」のデザインで、強さ・決意の象徴とされ、金銭面での成功や健康、旅の祈願という意味があるそうです。
ママはこれらのマオリのデザインがとても気に入っていて、他にもいろいろあるのですが、また追い追い紹介していきたいと思います。
c0194085_1048376.jpg
c0194085_10482862.jpg
c0194085_10484628.jpg
c0194085_104918.jpg
c0194085_10491783.jpg
キウイの話によると、これらのペンダントは自分で買うのではなく、人からプレゼントされて初めて意味の効果を発揮するのだそう。
しかし、ママも昔ジェイドのペンダントをプレゼントして貰ったことがあるのですが、あまり好みのデザインでなかったこともあって未だかつて身に着けたことがありません....。グリーンストーンはインパクトがあるので、洋服と合わせるのが結構難しいのです。
ですので、相手の好みを熟知してからプレゼントされることをオススメします。
c0194085_10495034.jpg
c0194085_10501588.jpg
c0194085_10503777.jpg
ロミちゃんもすっかり気に入ってくれたようであります♡
c0194085_10513167.jpg
日本では昨日からゴールデンウイークが始まりましたね!
みなさん、どうぞ安全で楽しいホリデーをお過ごしください♪


人気ブログランキング参加中。皆さんからの愛のクリックお待ちしています♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
海外育児ランキングもよろしくね。アメリカ勢がTOPをしめる中、NZがんばってます♪
[PR]
by romeomylove | 2009-04-30 11:04 | おしゃれ手帳
<< 端午の節句 at Himawari We've got t... >>